中型車の規定が変わった!その他にいくつの車両の免許があるの?

2017年3月に準中型車の区分が設定されました

準中型車とは、車両総重量が3.5トンを超え、7.5トン未満、最大積載量が2トンを超え、4.5トン未満の自動車のことを指します。この区分には宅配業者やコンビニ配送などで用いられる4トントラックが含まれます。
改正前の免許制度では、普通自動車免許で最大積載量3トン未満まで、中型自動車免許で6.5トン未満の自動車が運転できました。つまり中型自動車免許を取得しないと4トントラックを運転できないことになります。中型自動車免許は普通自動車免許取得から2年が経過しないと取得できないため、高校卒業後すぐに4トントラックのドライバーになることができなくなっていました。準中型免許に関しては18歳で取得することができますが、昨今、ドライバーの数が不足しており、高校新卒者を運送業に参入しやすくするための政策によるものとも言えます。

現行は自動車免許に関しては4種類

改正後の免許制度では、一般的な自動車免許は普通、準中型、中型、大型の4種類に区分されています。特殊自動車やけん引については変更はありません。また、普通自動車と準中型免許では乗車定員に差が無いため、二種免許に関しては普通と準中型は同じ免許の扱いになります。
免許取得に関しては以前と変わらず自動車教習所で取得することができます。トラックの運転は距離感や車幅の感覚を掴むことが難しく、一般車での公道走行の経験が無いままトラックの運転をするのは危険と言う意見もありますが、それだけドライバーの慢性的な不足が社会問題化しているのでしょう。現行法では普通自動車免許では2トンまでしか運転できず、運送業のために使用する免許とは言えない状況になっています。