合宿免許が合う人、合わない人

知らない人と過ごすことがまったく苦にならない人は向いている

運転免許を取得する場合の方法として合宿免許を利用するというものがあります。しかし、合宿免許は特殊な形で自動車学校に通うことになるので、人間の性格という部分で向き不向きが出ます。では、合宿免許が向いている人はどういった人になるのでしょうか。
まず、合宿免許は寮のような場所に泊まり込んで免許を取る、つまり文字通り合宿することになります。しかも、ただ合宿するだけではなく、まったく知らない人たちと同じ場所で寝食を共にすることになるのです。なので、初対面の人たちと会って話してもまったく苦にならない、それどころか知らない人と話すのが楽しいという人は向いているといえるでしょう。
また、宿泊するところは地方であることが多く、周囲に娯楽施設がまったくないことも珍しくありません。そういった環境に二週間程度いても大丈夫という人もやはり向いているといえます。

人付き合いが苦手な人だと大変

では、合宿免許に向いていない人はどのような人になるのでしょうか。まず、人付き合いが苦手な人はかなり難しいでしょう。というのは、自動車学校の教官と話すだけで大変なのに、寝るところに戻ると、共通点が免許を取りに来たということぐらいしかない人たちと一緒に過ごすことになるからです。しかも、一人部屋を申し込まなかった場合、昨日までまったく知らなかった人たちと同じ部屋で眠らなければなりません。
次に、免許取得のための技能講習を段取りよく進めていけない人も、合宿免許には向いていないといえます。というのは、合宿免許は基本的に、できるだけ短期間で免許を取得するというシステムになっているからです。なので、時間をかけて免許を取りたいという場合は、普通の形で自動車学校に通うようにした方がいいでしょう。